リタ論:恋愛 | 大きな手に小さなピストル

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
プロフィール

名前はリタ。しがない在米大学生。 趣味は恋愛と読書。 ちなみに写真はニセモノね。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
リアル結婚
友達、という程の近しい仲でもないのですが
知り合い、というにはちょっと遠い仲の2人が結婚しました。
とりあえずはおめでとうございます。

ちなみに
新郎は私と同じ年の23歳
新婦は私の一つ上、24歳。

年齢は関係ないのですが、結婚ってリアル。
そういえば、去年結婚した2人も居ました。
私と恋愛経験のある男と、その彼女。当時23歳同士。
それでも、アメリカに居るノリで春休み中にラスベガスに飛び
(ブリちゃんの事件?のすぐあとでした…)
彼らの友達3人に見守られつつのアメリカ結婚なので
アメリカでは籍は入るらしいですが(そこんとこよく分からんっす)
日本では親に手紙が行くだけらしくて
親に手紙が行くって事実を知った2人はあせってたりなんかして
私からすれば滑稽でもあり(腹黒いね、まったく)

後者の2人は夢物語の中の結婚っつー感じであまりリアリティはありませんでしたが
今回の2人は日本での入籍。
本気ってことですよ。
マジってことですよ。

なんか、結婚って私にとっては暗い未来を示す言葉でしかありません。
だって、結婚したら親と過ごしてきた時間よりも長い時間を他人と過ごすことになるんでしょ?
結婚=我慢
みたいな公式が成り立ってしまうのですよ。
もちろん、それだけではないでしょうけど。

あ、ちなみにこんなこと考えるリタちんの親は
離婚したわけでも、不仲なわけでもなく末永く結構うまく行ってる夫婦なんですよ。
だから親を見て結婚に対するネガティブなビジョンを持ったとかじゃなくって。

飽き性で
彼氏とは近距離恋愛1年以上続いたことがないリタちんが書いています。
(ちなみに一年続いたのは一人で、その他は3ヶ月以下。
一年続いたのも奇跡じゃないかと思われる。)

結婚は勢いの力もかりなきゃ、って言葉をドラマなんかでよく聞きますが
一年二年…まして10年以下の問題じゃないんだから
勢いなんかで結婚してたら、何回離婚しても足りないです。
結婚とは、リタにとってはまだ足かせ的な言葉でしかありませんが
この人としか結婚したくない!って人とめぐり合えればなぁ、と思います。

こと、恋愛に対してはとっても情熱的(笑)なリタちゃんなんですけど
結婚、と考えると急に冷静になってしまう。
軽軽しく結婚しようね、とは口に出してしまいがちですが
言ってる本人はものすごく冷静だったりする。
頭のどこかで「結婚ねー…あんたとはしないと思うよー」とか思ってたりする。
結婚って言葉は、恋愛のスパイスぐらいにしか考えてなかったりもする。

でも、私みたいな人が増えてるから
出来ちゃった結婚とかも増えてるのかな、とふと考えます。
子供ができたら、堕胎が嫌なら、妥当な道としては結婚でしょう。
出来ちゃった結婚=崖っ淵結婚ですよ。後ろがなくて受け入れるしかしょうがない。
私自身堕胎には反対ではないし
極端な話、生まれる前の胎児には何ヶ月目であろうが
法が認めても、私自信は人権は認めないので(鬼でごめんなさい)
望んでいないタイミングでの妊娠は確実に堕胎すると思います。

そうなると結婚って…ねぇ…。
顔に酸でもかぶって二目と見られない顔になったり
50歳になって恋愛が難しくなったら喜んで結婚すると思いますが
(とりあえず、結婚はしたいので←寂しがり屋さんなのです)
結婚は逃げ場…足かせ…的考えですね、まだまだ。

何はともあれ、お二人が幸せに末永く暮らすことを
心から祈っておりますよ。おめでとうございます。
| リタ論:恋愛 | 19:38 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP